1,事前に国を把握しておかなければならない

理由

  • 輸出規制対象国であるか(各領事館に問い合わせしなければならない)
  • 輸出に関しては、日本側は非課税だが、輸入する国によって関税率が違う(消費税など)

2,居合道の歴史

見せてもいい国と良くない国が存在する
<理由>

  • 国民性、感情論的な問題
  • 日本武道の模倣の危険性(著作の問題ではなく、文化遺産としての居合道)
  • 日本刀の操作方法流出の危険性

3,日本刀の歴史

  • 作刀方法流出の懸念
  • 模倣品を作成される危険性
  • 戦争体験等タブーな分野においての危険
  • 宗教的な懸念(原理主義的な思想に基づく懸念)
  • 輸出した日本刀の悪用についての危険因子

4,手続きに関して

文化庁に刀身、及び中心の写真、登録証の提出

輸出許可(二週間前後)

輸出許可とともに発送(EMSなど保証付きで)

国ごとに到着日数が異なる

5,金額から算定される関税について

  • 輸出側は非課税(問い合わせ済み)
  • 輸入側国の税率が異なる点は要確認
  • 関税を考慮しての価格転化(基本はドルとする)
PAGE TOP